まんだい新聞

言葉って大事です。

こんにちは

 

南海本線高石駅と北助松駅のあいだ

旧国道26号線(大阪府道204号堺阪南線)沿いの

まんだい整骨院・整体院の萬代(まんだい)です。

 

 

ある日、患者さんが健康診断で「血圧が高い」と検査結果を受けたので

内科で診てもらって出してもらった薬を飲んだところ

効果はわからないけど立ちくらみが出やすくなった。とのこと。

 

友だちに話したら、

「そこのお医者さんはやめときあっちの方がイイで」

って言われたから

お医者さんかえました。

 

という話を聞いて、

こわいなぁと思いました。

 

なんで血圧や薬の専門家でもない

友達の言ったこと聞いちゃうんだろ?

身近で聞きやすいからだろうけど。

 

誰に聞くのっていう話でもあります。

 

ホントなら薬を出した内科の先生に相談して

副作用の話とか聞かしてもらって

不安を消してもらうか、

他の合うかもしれない薬にかえてもらうか

してもらう方がイイはずです。

 

その内科の先生も言葉が足りなかったのでしょうか。

「どんな薬も副作用出るかもしれないからね。

何かあったらすぐ教えてね。」

と言っておけば不安を少なくさせることはできました。

言葉って大事です。

 

 

自分の院に照らし合わせて

言葉って大事だなと痛感しました。

 

好転反応の話が甘かったひとに限って

強い反応が出てしまって、不安にさせてごめんなさい。

ということがありました。

 

変化が大きいほど好転反応は強く出るようです。

好転反応のあとは快方へむかうので良いのですが

その説明が甘かったです。

 

反省して、すぐに説明用の資料を完成させて

見ていただくことにしました。

ご予約・お問い合わせはお気軽に 072-266-8225

営業時間

[午前] 8:30~12:30
[午前] 15:30~19:30

定休日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

〒592-0005
大阪府高石市千代田4-7-10

ページトップへ