お悩み別症状

頭痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 偏頭痛が酷くて薬が手放せない
  • 後頭部がズキズキと痛む
  • 目の奥に痛みがある
  • 慢性的に頭が痛い

頭痛について

風邪をひいたり二日酔いになったりした際に、頭痛は誰でもよく経験します。このような頭痛のほとんどは数日のうちに治まるものです。ところが、何日も頭痛が続いたり、頻繁に頭痛におそわれたりする場合、病気が原因になっている場合があります。
頭痛やだるさが長引くときには、まずは病院で検査を行うことはとても大切なことです。

一方、原因となる病気が特になくても頭痛に悩まされてしまう場合もあります。代表的な例が「緊張性頭痛」と「片頭痛」です。

緊張性頭痛は、頭を締め付けられるような痛みやだるさを感じるのが特徴です。片頭痛は、脈打つようにズキンズキンと痛むのが特徴です。ともにストレスと関連が深く、非常に多くの方が悩んでいる症状です。

緊張性頭痛

不自然な姿勢や目の使いすぎ、身体に疲れが蓄積しているなどの理由から、首から肩にかけての筋肉が過度に緊張することで起こる頭痛です。頭部の筋肉が極端に凝り固まっているため、締め付けられるような痛みやずしりとした重さを長い時間感じるのが特徴です。
身体的な疲れだけではなく、精神的な緊張やストレスによっても筋肉が収縮して起こることがあります。

偏頭痛

運動をした後や、階段の上り下り、ほっとした瞬間などにズキンズキンと脈打つように頭が痛む頭痛です。片頭痛という名前ですが、頭部の片側だけに現れるとは限らず、全体の4割の方は両側に痛みを感じます。前兆があるのが特徴で、4時間から数日痛みが続くこともあります。頭痛を感じている最中は感覚過敏になっており、太陽の光や音などで痛みが激しくなったりすることもあります。

当院の施術法

当院では、カイロプラクティックなどよくある「バキッ」と音なるような施術は一切行わず、安全で無痛なDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)と自律神経へアプローチする「スピーナ」、脳に痛みや辛いところを刺激するGEON療法を行います。

肩こり

こんなお悩みはありませんか?

  • 両肩が重く感じる
  • 四十肩・五十肩で悩んでいる
  • 首を回すと痛みが生じる
  • 肩が張ったように痛む

肩こりについて

肩こりは男女とも悩んでいる方が非常に多い症状ですが、近年特に多くなっているのがデスクワークによって引き起こされる肩こりです。同じ姿勢を長い時間続けたり、パソコン操作のためにうつむきがちになったりするなど、デスクワークには肩こりを引き起こしてしまう要因がたくさんあります。中でも姿勢の影響は大きく、姿勢が悪いために筋肉のバランスが崩れると肩や首に負担が集中してしまう要因になります。
また、肩こりはさまざまな生活習慣や精神的なストレス、自律神経の不調などによっても引き起こされることがあるため、原因を突き止めるアプローチが大切です。

四十肩・五十肩

筋肉が凝り固まる肩こりとは異なり、四十肩や五十肩は肩関節に炎症が起こることで痛んだり、動かしづらくなったりする症状です。関節の周りにある靭帯や腱の老化など、原因は人によってさまざまです。痛むからと動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまうので、早い段階から治療を開始することが大切です。

当院の施術法

当院では、カイロプラクティックなどよくある「バキッ」と音なるような施術は一切行わず、安全で無痛なDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)と自律神経へアプローチする「スピーナ」、脳に痛みや辛いところを刺激するGEON療法を行います。

腰痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 座っているだけで腰に違和感がある
  • 起き上がる際に痛みがある
  • ギックリ腰を何度も繰り返している
  • 10分と続けて歩くことができない

腰痛について

腰痛に悩んでいる方は肩こりと並んで非常に多く、男性の自覚症状の第1位という調査結果もあるほどです。腰には上半身の体重が集中してかかっています。そのため、姿勢の悪さや筋力の低下などにより、負荷のかかるバランスが悪くなると腰痛に発展する要因になってしまいます。
この他にも、精神的なストレスによって痛みに敏感になっている場合や、冷えや睡眠不足など生活スタイルの中に問題がある場合もあり、腰痛の原因は多岐にわたります。

ギックリ腰

腰痛のうち、急に動けなくなるような痛みに襲われるものをギックリ腰といいます。原因は椎間板ヘルニアであったり筋肉の痙攣であったりしますが、多くの場合、原因となる特別な病気は特定できません。ギックリ腰は一度発生してしまうと再発を繰り返してしまう場合が多いので注意が必要です。

間欠跛行

しばらく歩いていると足に痛みや痺れが現れて、頻繁に休憩しながらでなければ歩くことができない症状を間欠跛行といいます。背骨のすぐ近くを通っている神経が圧迫されることが原因で、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症でよく見られる症状です。座ったり、前かがみになったりすると症状が軽くなるという特徴があります。

当院の施術法

当院では、カイロプラクティックなどよくある「バキッ」と音なるような施術は一切行わず、安全で無痛なDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)と自律神経へアプローチする「スピーナ」、脳に痛みや辛いところを刺激するGEON療法を行います。

膝痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 階段の上り下りがつらい
  • 正座をすると足に痛みがある
  • 体重をかける度に、ズキっと痛む
  • 歩くと膝に違和感がある

膝痛について

膝は老化や肥満に伴い痛みが出やすい箇所です。膝に関連する疾患にはさまざまなものがありますが、最も患者数が多いのは膝が痛んだり水がたまったりする「変形性膝関節症」です。膝の痛みがあると運動したり外出したりすることが億劫になり、ますます肥満や筋力の低下を助長してしまうので、施術をしながら機能を維持することが全身の健康を保つ上でも非常に大切です。

変形性膝関節症

年齢とともに関節の軟骨がすり減ることで、軟骨の下の骨と骨が擦れて痛みが出てきたり、骨が変形してしまったりする疾患です。女性に多く見られ、高齢になるほど症状が出やすくなります。初期は立ち上がりや歩き始めに痛みを感じる程度ですが、進行すると膝が伸びなくなり痛みも強くなっていきます。早い段階から施術を始め進行を防ぐことが大切です。

当院の施術法

当院では、カイロプラクティックなどよくある「バキッ」と音なるような施術は一切行わず、安全で無痛なDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)と自律神経へアプローチする「スピーナ」、脳に痛みや辛いところを刺激するGEON療法を行います。

女性特有のお悩み

こんなお悩みはありませんか?

  • 生理痛が辛い
  • 身体が冷えている
  • 最近イライラする
  • 顔・足がパンパンにむくむ

女性特有のお悩みについて

女性の身体では女性ホルモンが周期的に変化しているので、病気でなくても不調を抱えているという方がとても多いといえます。代表的なものでは「冷え性」「生理痛」「不定愁訴」「自律神経失調症」などの体調の変化が挙げられます。
また、最近ではデスクワーク、家事、育児と毎日を非常に忙しく過ごしている女性が増え、疲労や精神的なストレスが蓄積することで身体の不調につながっているということも考えられます。

冷え性

個人差はありますが、多くの女性が手足の冷えを感じています。女性は男性に比べて筋肉量が少ないのでもともと身体で作れる熱の量が少ないということもありますが、月経などの影響で血液の流れが滞りやすくなることも女性に冷え性の方が多い理由の一つです。
身体の冷えがだるさや肌荒れ、便秘の原因となることもあります。

生理痛

生理痛は軽く済む人もいれば、寝込むほど重いという人もいて個人差が大きな症状です。症状を重くしてしまう要因として、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが挙げられます。この他、ストレスや冷えも症状を悪化させてしまう要因です。
生理前は血液の流れが悪くなりやすく、肩こりや頭痛、身体のだるさのような症状を引き起こします。このような不快感をまとめて月経前症候群(PMS)といい、症状を軽くするためには心身ともにリラックスすることが大切です。

不定愁訴

「なんとなく体調が悪い」という自覚症状があるにもかかわらず、原因となるような病気がない状態を不定愁訴といいます。代表的な自覚症状は「身体のだるさ」「耳鳴り」「便秘」「頭痛」「冷え」などですが、症状は一定したものではなく、1日の中でも症状がめまぐるしく変わってしまうこともあります。
原因は人によってさまざまで、環境の変化や疲労の蓄積、精神的なストレスなどが考えられますが、自律神経の乱れが不調のきっかけとなっている場合がよくあります。要因を丁寧にカウンセリングし、適切な対処を進めることが大切です。

自律神経失調症

私たちの身体の体温や心拍数、消化などは、交感神経と副交感神経という二つの神経が調整しています。このバランスが乱れて不調として現れてしまうのが自律神経失調症です。
交感神経が優位に働くと、脳や身体は活動的になります。逆に、副交感神経が優位に働くと、脳も身体も休息します。二つのバランスが崩れると、夜に眠れない、日中に眠たくなるなどの不調となって現れます。生活習慣が密接に関係しているので、心身ともにリラックスして、生活のリズムを整えることが大切です。

当院の施術法

当院では、カイロプラクティックなどよくある「バキッ」と音なるような施術は一切行わず、安全で無痛なDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)と自律神経へアプローチする「スピーナ」、脳に痛みや辛いところを刺激するGEON療法を行います。

ご予約・お問い合わせはお気軽に 072-266-8225

営業時間

[午前] 8:30~12:30
[午前] 15:30~19:30

定休日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

〒592-0005
大阪府高石市千代田4-7-10

ページトップへ